喘息の間違った知識とは

今まで喘息は、気道が狭くなるか、過敏になることが原因だと考えられていました。しかし、最近の研究では、元々の原因は『気道の炎症』であると言われています。

 

気道の炎症が繰り返されることで、些細な事でも過敏になるため、咳や痰が出やすくなってしまいます。また、喘息が原因で気管支壁が厚くなります。

 

気管支壁が厚くなることで、気道も狭くなりやすくなるのです。喘息患者の気道には多く見られるのが、肥満細胞や好酸球・リンパ球といった炎症に関わる細胞などです。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

喘息と肥満細胞がどういう関係性なのかと思うもしれません。

 

人の体には、アレルギー物質などの異物が体内に入ると、免疫の働きによって。様々な抗体がつくられますが、肥満細胞にはIgE抗体がつくられます。

 

このIgE抗体の作用より、ヒスタミンなどの物質が放出されます。放出されると気道の収縮を引き起こしてしまいます。

 

また、気道の粘膜には、様々な物質がつくられているため炎症を起こし、過敏に反応しやすくなります。

 

また、IgE抗体は、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などの原因でもあります。

 

ですので、喘息とアトピー性皮膚炎や花粉症などを併発する人が多いのはIgE抗体が関係しているからです。

 

そのため、咳や喘鳴、呼吸困難などの症状が起こりやすくなります。原因が慢性的な炎症であることから、喘息は生活習慣病と同じで、慢性疾患の一つとされています。

 

今までは治療法も、発作が起きてから緩和する対症療法が主流でした。しかし、現在は気道の炎症を改善することで発作を予防する方向へと変わってきています。

 

また、薬による治療と、生活習慣の改善も重視されます。

 

アドエアを激安の2.160円で通販

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

アドエアTOPへ