処方箋なしでアドエアを購入できる即日発送の通販サイト

喘息の方はアドエアのお世話になっている方も多いと思います。アドエアのジェネリック医薬品がセロフロになります。

 

しかし、アドエアのジェネリック医薬品のセロフロは日本国内では薬局や市販では購入できません。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

インドの製薬会社が製造しているセロフロは品質の安全性のとれたジェネリック医薬品だと言われています。

 

有効成分はアドエアとセロフロは同じものになりますので効果も同じです。成分が同じですので効果は変わらず、安価で購入することができます。

 

日本国内の薬局や市販ではアドエアは購入することはできません。個人輸入代行の通販では購入することはできます。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

通販で購入するメリット

海外からの通販になりますが、インターネットで気軽に通販サイトのようアドエアを注文ができます。

 

個人輸入と聞くと面倒くさそうと思いますが、普通の通販サイトでお買い物をするのと同じシステムです。薬は、基本的に医師が診断して処方されます。

 

ですが、個人輸入代行の通販サイトでは処方箋がなくても購入できます。薬局や市販で販売されているお薬では、やはり効果に期待できないです。

 

しっかり効果を得るには、病院で処方してもらうか、個人輸入代行サイトで購入するかです。ほとんどのサイトは日本語での商品説明が書いてあるのでわかりやすいです。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

また、個人輸入代行のサイトですと、病院で処方してもらうより低価格で購入する事ができますし、日本では購入できないジェネリック医薬品も購入できます。

 

薬によっては、新薬の半分以下や1/10程度で購入できるジェネリック医薬品もあります。使用頻度の高いアドエアやジェネリック医薬品のセロフロですと、かなり経済的にも助かります。

 

また、個人輸入代行の通販で購入する時に、処方箋や保険証なども必要ありません。私が利用している個人輸入代行サイトは、即日発送してくれます。

 

アドエアを激安の2.160円で通販

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

アドエアの効果と特徴

主に喘息の発作時に効果を発揮します。

 

喘息の発作で狭くなった気管支をアドエアが広げることで症状を緩和する効果があります。

 

アドエアやジェネリック医薬品のセロフロの成分は、短時間の作用から『β2刺激薬』に分類されています。ですので、即効性はあるが、作用時間は短いのが特徴です。

 

個人差はありますが、実際の効果は4~6時間と言われています。そのため、症状が出た時に、それを和らげるために使用するお薬です。喘息の診断では、アドエアを使用することが多くあります。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

 

アドエアの効果のメリットとデメリット

メリット
■β2刺激薬の中でも即効性があります
■発作が起きたときに使用するお薬です

 

デメリット
■β2刺激薬は効果が短いです
■吸引器タイプはボタンを押すタイミングと吸うタイミングを合わせる必要があります

 

 

喘息の治療薬は
■毎日治療することで、喘息の症状や発作があらわれることを予防する長期管理薬
■喘息発作があらわれたときの発作治療薬
の2つに分類されます。

 

アドエアは、発作があらわれた時に治療するお薬です。喘息の発作は、急に咳や喘鳴が起こり息苦しさがあらわれる症状です。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

喘息の発作の重症度
■小発作の場合 動くと息苦しくなる
■中発作の場合 息苦しくなり横になれない、なんとか歩ける
■大発作の場合 苦しくなり動けない、苦しくて会話もしづらい
■重篤の場合  呼吸が弱くる、会話はできなくなる

 

アドエアはβ2刺激薬として、気管支を広げる効果で、全ての喘息の発作の状態において対応します。ですが、中発作以上の場合は、すぐに病院に行き、受診するようにしてください。

 

また、小発作の場合でも、アドエアを吸入しても症状が改善しないときは病院に行き、受診するようにしてください。

 

アドエアは、吸入してから5~10分程度で効果が得られる即効性が高い吸入薬です。そのため30分経っても症状が緩和されない場合、病院に行き、受診するようにしてください。

 

小発作で症状の様子を見ていても、いきなり大発作まで発展することは多くあります。

 

重篤までになると命にかかわることのある病気です。アドエアを吸入後は安静にしてください。

 

アドエアは、スプレータイプの吸入薬です。喘息の発作が起こると、呼吸する力も非常に弱まります。

 

そのためスプレータイプの吸入薬ですと、気道までそのまま到達するので、便利なお薬です。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

アドエアの吸入量
アドエアは、成人の場合は100回の吸入が可能です。1回の喘息の発作時に成人は2回、小児は1回の吸入になります。つまり、成人の場合は100回分、小児の場合は200回分の吸入ができる薬になります。

 

アドエアは通常、15~30分で効果が得られます。アドエアは3時間以上は効果が持続します。その期間は、次の吸入をしないでください。

 

アドエアの1日の最大の吸入量は、4回で成人は8吸入、小児は4吸入です。3時間経っても効果が得られない場合は、あと3回吸入ができます。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

アドエアの適応疾患
アドエアは、喘息発作や咳喘息と診断された際に使用します。

 

添付文章では気管支喘息、小児喘息、肺気腫、慢性気管支炎、肺結核と記載されています。

 

ですが、アドエアは、1970年代から使用されている治療薬です。最近では、ほとんどが気管支喘息の発作時に使用されています。または、肺気腫の増悪時にも使われることがあります。

 

適応疾患に記載されていない使用方法があります。咳喘息なのか診断するために使われます。

 

咳喘息の診断方法は、β2刺激薬を吸入して症状が改善するかをみます。2ヶ月以上続く咳の場合は、約7割が咳喘息に該当します。

 

また、咳の症状が強い場合は、シムビコートやアドエアなどの吸入ステロイドとβ2刺激薬を使い確認することもあります。

 

ですが、アドエアなどのβ2刺激薬のみで確認することが本来は望ましいです。吸入ステロイドも加えてしまうと、アトピー性咳嗽(がいそう)と咳喘息かが判断できなくなるためです。

 

咳がひどい人は、β2刺激薬のみでは治療効果が得られにくい場合があります。咳は出るが症状が軽症な人には、アドエアのみでも効果が得られます。

 

アドエアは即効性があり、咳が止まったかの確認がしやすいメリットがあります。

 

アドエアを激安の2.160円で通販

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

成人でも突然起こる喘息

喘息は子供の病気と思っている方が多いです。ところが、子供の喘息の患者が人口の7%程度です。それに対して、成人の患者は3~4%程度です。

 

成人の喘息発症の場合は、子供のころの喘息が再発する場合と成人してから急に発症する場合です。特に40歳を超えてからの発症が、成人患者の半数以上になります。

 

また、喘息は軽度の症状でも、命にかかわる発作を起こす可能性があるので油断してはいけません

 

成人の場合は症状が風邪に似ているため、喘息の症状が出ていても、喘息であることに気付かず、風邪薬などを服用していることが多いです。

 

そのようなケースでは、喘息を悪化させてしまうことがあります。喘息について近年の研究などでは、治療法などが今までとは少し変わり始めました。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

喘息など重症アレルギー発症の仕組みが解明
喘息など難治性アレルギー疾患の発症の原因になるたんぱく質が発見されました。発症の仕組みを解明したのは千葉大学の研究グループです。喘息の発症を抑える治療薬の開発に繋がる可能性が高まります。

 

アレルギー疾患は、病原性の免疫細胞が血管から外に出ることで、肺などに達することで発症します。

 

千葉大学の研究グループは、病原性の免疫細胞が血管から外へ出すの働きをするたんぱく質を発見しました。

 

このたんぱく質は、炎症に伴う血小板から出ていて、血管の内側に集結して、そこから病原性の免疫細胞が血管から外に出ていることが判明したとのことです。

 

さらに、このたんぱく質と病原性の免疫細胞が合わさることを防ぐ抗体をつくりました。この抗体を喘息のマウスに使用したところ、喘息は起こらなかったのです。

 

人体に使える抗体を作製していて、実用化を目指して研究が進められています。この研究が進み、実用化されれば、難治性の呼吸器疾患が完治につながる可能性がり期待されています。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

喘息についての知識
喘息の症状で多いのは、呼吸時の喘鳴(ぜんめい)、咳、痰、息切れ、息苦しさ、呼吸困難などが上げられます。喘鳴は、呼吸をするときに気道が『ヒューヒュー』や『ゼーゼー』と鳴る症状です。

 

『ヒューヒュー』や『ゼーゼー』と鳴る症状は特徴的な症状の一つですが、実際には喘鳴せず、咳だけが出る種類もあるため、風邪や気管支炎などの症状と間違えてしまいます。

 

風邪などの症状の場合は、常に咳が出ます。しかし、喘息の場合は、夜間や明け方ごろに咳や息苦しさなどの発作があらわれやすいです。また喘息は昼間は、症状が出ないことも多いです。

 

症状以外にも、このような特徴があらわれている場合、喘息の可能性があるので、早めに病院に行くことを勧めます。

 

喘息と似た症状があらわれる病気は、風邪や気管支炎以外では、肺気腫、アレルギー性肺疾患、気管支拡張症、うっ血性心不全などがあります。

 

喘息の可能性が高くても、ほかの病気ということも考えられるので、しっかりと病院で検査を受けることが重要です。

 

※ご自身の判断で、風邪薬を服用しても喘息は改善されません

 

日本アレルギー学会などの資料によると、喘息で亡くなるケースは治療法の発達により、減少はしていますが、それでも年間で4000人以上になります。

 

アドエアを激安の2.160円で通販

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

アドエアが向いてる人

喘息の発作があらわれた場合
咳が出始めたらとまらない、咳喘息かどうかの診断された人。アドエアは、喘息の症状があらわれたらすぐに吸入するお薬です。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

毎日吸入しても喘息を予防する効果には期待はできないので注意が必要です。

 

軽い発作の人では、毎日吸入するのは大変なので、発作があらわれたときだけアドエアを吸入するという人はたくさんいます。

 

また、喘息治療に不馴れな先生もこの方法で対応している場合がありますが、この処方は大きな間違いです。喘息の発作を繰り返していると、気管支が徐々に太くなっていきます。

 

例えば、筋トレをイメージしていただくとわかりやすいと思います。筋トレをすると、少しずつ筋肉は太くなります。

 

筋肉が太くなれば、筋トレの効果を実感することできますが、気管支が太くなってしまうと喘息を悪化させてしまいます。気管支が太くなりすぎると、アドエアに反応しないようになります。

 

喘息の発作があらわれて、アドエアを吸入しても、気道が広がらなくなり、喘息の発作が改善できなくなります。この症状を専門用語でリモデリング(不可逆性)と呼ばれています。

 

アドエアに反応しなくなってしまい、長期管理薬を使っても、場合によっては間に合わないこともあります。β2刺激薬のアドエアで気管支喘息の発作が改善できなくなると、次にステロイド治療になります。

 

しかし、ステロイドは、喘息の改善効果はありますが、副作用も強いと言われています。副作用が強いため、ステロイドは気軽に処方できるお薬ではありません。

 

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

 

ステロイドの処方を希望される場合、しっかりと喘息を診断できる病院の受診が必要です。アドエアで気管支喘息の発作が改善するのではなく、必ず長期管理薬でしっかりと喘息を治療するようにしてください。

 

また喘息の発作が起きた時に、アドエアの吸入量を用量以上にたくさん吸入する人がいます。これは非常に危ないことです。

 

 

アドエアの添付文章には
本剤の過度の使用により、不整脈、心停止等の重篤な副作用が発現する危険性があることを理解されアドエアを適正に使用することと記載されています。

 

一度に大量のアドエアを吸入すると、非常に重篤な副作用が出てしまうことがあるのです。

 

また、β2刺激薬は吸入すればすれほど、気管支が広がるのではありません。喘息の発作の原因は、気管支が炎症することで起こる症状です。

 

ですので、中発作以上の場合は、ステロイドで炎症を治療するが必要になります。アドエアを何度も吸入するほど苦しくなる人は、アドエアを吸入後、すぐに病院で診察する必要があります。

 

アドエアは喘息の発作に有効です。ですが、アドエアの吸入だけで改善する人は、軽度の喘息の発作になります。

 

またアドエアは、咳喘息の診断にも有効です。咳喘息の診断基準では、β2刺激薬で治療して反応するかです。

 

β2刺激薬には、長期作用型と短期作用型の2種類があります。またβ2刺激薬は、錠剤・貼り薬・吸入タイプがあります。

 

基本的には、多くの人は吸入薬で治療します。ここからは個人的な見解ですが、咳が出始めたら止まらない人であれば、短期作用型のβ2刺激薬の方が診断しやすいことが多いです。

 

咳が出た時にβ2刺激薬を吸入して、喘息の症状が改善したが分かりやすいのです。長期作用型のβ2刺激薬だと、1日で咳をする回数が減ったかどうかになります。

 

咳が長引いてる人には、アドエアでの診断は不向きです。効果が短期間のため、吸入回数に限りがあるからです。

 

 

アドエアの作用メカニズム
β2刺激薬は、気管に存在している交感神経の受容体です。
身体が活発になる時に、空気をたくさん必要とします。
その時にβ2が刺激されると気管が広がる仕組みです。

 

なぜ、β2刺激薬は気管支が広がるのか、そのメカニズムを説明します。

 

まずβ2とは
交感神経の受容体になります。
交感神経にはαとβという2種類の受容体があります。
交感神経が活発になると、命令の受けて受容体を通り全身に働きます。

 

βにも2種類あり、β1とβ2があります。
β1は主に心臓に存在しています。
β2は主に気管に存在しています。
β1とβ2の作用は、交感神経が活発になった時を想像すればわかりやすいです。

 

心臓の動きが早くなり、全身に血液を送ります。この作用がβ1刺激作用になります。気道に空気をたくさん吸い込むと気管が広がります。この作用がβ2刺激作用です

 

アドエアは気管に存在するβ2だけを刺激するお薬です心臓へ影響を与えないように、気管を広げて呼吸の状態を改善します。

 

アドエアは短期作用型のβ2刺激薬です。
アドエアは主に喘息の発作が出た時に吸入します。
アドエアは成人は2回、小児は1回の吸入をします。
アドエアは喘息の発作に対応します。
効果が得られない、症状が改善されない場合は、必ず病院で受診する必要があります。
アドエアは咳喘息の診断基準にも使用されています。

 

アドエアを激安の2.160円で通販

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

孫と祖父で一緒にアドエア、仲良く喘息治療![アドエアの口コミ]

アドエア,通販,購入,市販,副作用,効果,喘息,即日

次男は生まれた時から風邪をひくと咳の出る子供でした。酷くなるとヒューヒューという呼吸をして苦しそうで、もしかしたら喘息ではないかと心配でした。

 

実は私も、そして私の父も喘息でした。アレルギー体質は遺伝すると聞いていたので、次男が喘息でも不思議ではありません。

 

それでも風邪の時だけしか咳やヒューヒューが出なかったので、あまり気にはしていませんでした。

 

しかし3歳、4歳となっていくうちに風邪でない時も咳が出るようになり、次男も苦しいというようになりました。

 

それまでは症状が出た時だけ内服を貰い吸入に通っていましたが、5歳になった時とうとう常時内服をするように言われました。そして喘息と診断されました。

 

薄々そうではないかと感じていたので正直ちょっと安心しました。自分も喘息経験者だったので、あの息苦しさの不安や恐怖は大人になった今でも覚えています。

 

だから常時内服をすることで発作が出にくくなれば次男も楽になる、という期待の方が強かったように思います。

 

そしてアドエアを処方されました。私の父は今でも喘息の治療をしており、その中に丸くて可愛い形をした吸入薬があるのを見たことがありました。

 

次男も見覚えがあったのでしょう、アドエアを見るとすぐに「これ爺ちゃんが持っているやつだ」と大きな声で叫んでいました。そしてやり方を爺ちゃんに聞くと言い、早速レクチャーされていました。

 

私の父は孫も喘息となり代々体質が受け継がれてることをちょっと気にしていました。

 

それでも孫と同じ薬を使う嬉しさもあるようで、今では仲良くアドエア友達として一緒にしています。

 

おかげさまで効果も出てきて、最近は発作も少なくなりました。